メイド・イン・シュランベルクの革新的な最高性能 - ユンハンス社の電波/ソーラーテクノロジー

Angebote auf Amazon ▸▸    Angebote auf Ebay ▸▸

Aus Watch-Wiki
Wechseln zu: Navigation, Suche

2013年10月

Logotype Junghans
Junghans Force 018 1132 44 Beauty
Junghans Spektrum Beauty 018 1120 44
Junghans - Assembly of the movement
Junghans - the view of the watchmakers
Junghans - Solar-dial of the Mega Solar

時計には精度、小型化、パワーリザーブの向上を常に追い求めてきた歴史があります。そのため、初の電波式腕時計の開発は重要な節目でした。なんと言っても、電波式腕時計は最高精度を提供すると共に操作も簡単でなければなりません。この課題が克服されたのは1990年のことでした。当時、ユンハンスは電波技術を腕時計に組み込むことに成功した世界初の企業になりました。その3年後の1993年には、初の電波式ソーラー時計を開発することで、究極の精度を実現すると同時に環境に優しい腕時計を製作しました。今日まで、電波/ソーラーテクノロジーはユンハンス・ブランドの重要な要素になっており、このドイツ・シュランベルク出身の伝統企業の革新力のために数々の改良が重ねられています。


技術上の偉業である電波技術

ユンハンス・ブランドの今日の電波式ソーラー時計は、革新的かつ創造的な幾多の開発の歴史の上に成り立っています。その重要な節目の1つは「Mega 1」です。この時計は世界に先駆けて発売された電波式腕時計で、ユンハンスの現代史を塗り変えました。この時計はその先進技術に加え、Frog Design社と共同で考案した未来的外観でも真価を発揮しています。1990年代、Frog Design社の立役者であるハルトムット・エスリンガーは特にアップル社向けに成功を収めたプロダクトデザインを開発しました。 今日まで、電波時計の心臓部であるムーブメントは、ドイツ・シュランベルクで開発・製造が行われる技術上の偉業と評されています。最新世代のマルチバンド電波時計は、ドイツ・ブラウンシュヴァイクの物理工学研究所の原子時計に接続されている標準電波送信局「DCF 77」(フランクフルト・アム・マイン)の長波時報信号、ならびに日本(「JJY40」および「JJY60」)の両送信局と米国の送信局「WWVB」の信号を受信します。腕時計の時刻は毎日同期化が行われるため、誤差はわずか1/1000秒の領域です。冬時間から夏時間への切り替えおよびその逆も、また月の切り替えも全自動で行われます。腕時計が送信局の受信範囲外にある場合は、クオーツ時計の持つ精度で動作します。


強力な組み合わせ:電波ソーラーテクノロジー

先進的な改良は、電波テクノロジーとソーラーテクノロジーを組み合わせることで達成され、最高の精度と環境が優しいソーラーテクノロジーが融合しています。すでに1993年から、ユンハンス社の時計はこの2つのテクノロジーを統合しています。文字盤内のソーラーセルによって、時計はエネルギーをもっぱら日光から無限に取り込みます。蓄電池は寿命が非常に長く、最長21ヶ月のパワーリザーブを賄うことができます。資源を節約するために、時計は72時間後にはスリープモードに切り替わります。時計は光を感知すると数分以内で再起動し、電波により秒単位の正確さで現在時刻に調整されます。ソーラー文字盤の製造はドイツ・シュランベルクの時計工場で行われます。この工場では長方形のソーラーセルを整った形状に研磨し、自社の印刷設備で最大7工程まで印刷作業を行います。表面装飾を施し、発光素材を塗布し、最後に品質試験を行います。2011年、ユンハンスは「Force Mega Solar」モデルで、マルチバンド電波時計と環境に優しいソーラーテクノロジーを組み合わせることに初めて成功しました。今後もユンハンスは技術革新に邁進し、ドイツ・シュランベルクでのムーブメント生産量をさらに拡大します。そうすることで、最高精度の正確さと精緻なテクノロジーを兼ね備えたタイムピースを開発していきます。


Junghans - The German Watch

ユンハンスは150年以上にわたり、品質と信頼性、情熱を大切にしてきました。ドイツ・シュランベルクを拠点とするこの伝統ある独立企業は、長年にわたって時計の設計・製造に携わり、さまざまな新基準を打ち立て、世界中でも高い評価を得ています。ユンハンスの経営陣は、企業拠点であるシュランベルクと密接なつながりをもち、ユンハンス・ブランドが体現する価値観に専心しながら、伝統の擁護と輝かしい未来を実現するための取組みに邁進しています。 伝統と確固たる革新の精神は、タイムピースのデザインと技術にも反映されています。クラシックな機械式ウオッチやクオーツテクノロジーから、独自の電波・ソーラーテクノロジーにいたるまで、全てのラインナップにおいて、時計製造のあらゆる最新技術が採用されています。「Made in Germany」の革新的な製品と国際的な経営展望により、ユンハンスはこれからも、星のマークを冠した時計の類まれな成功の物語を綴り続けていきます。

Anzeigen